レーシック 失敗?レーシック100の疑問 まるごと解決

レーシックとPRKはどちらがよいのでしょうか?

レーシック手術は目が小さい場合、受けられないこともありますが、PRKにはそういった制限はありません。
目の形も、レーシックであれば奥目は適応外であったりしますが、PRKであればたとえ奥目であったとしても手術を受けることができます。
レーシックはフラップを形成するために、角膜にある程度の厚みが必要だが、PRKは角膜の上皮をはがすので、そういった厚みを考慮する必要はありません。
術後の痛みに関していえば、レーシックは直後に異物感がある程度だが、PRKは痛みが数日間続くことになります。
術後の視力の出方も、レーシックは直後からよく見えるのに対して、PRKは視力が安定するまでに数週間ほどかかります。
また、強度近視の場合、PRKのほうがレーシックに比べて近視が戻りやすくなっています。
角膜の濁りも、PRKのほうがレーシックに比べて出やすいようです。

 

CmsAgentTemplate0049-0052 ver1.0