レーシック 失敗?レーシック100の疑問 まるごと解決

This page:レーシック 失敗?レーシック100の疑問 まるごと解決TOP > 様々なレーシック手術方法の違いに関する質問 > イントラレーシックとレーシックどちらが安全なのですか?

イントラレーシックとレーシックどちらが安全なのですか?

イントラレーシックはコンピューターによって制御されたレーザーを使用するので、フラップの厚さは均一かつ滑らかになります。そのため術後にフラップのズレやシワが生じにくく、フラップそのものの強度もあります。
イントラレーシックは手術時に角膜への負担が少ないために、術後の回復も従来のレーシックに比べると早いことが特徴です。従来のレーシックは金属刃を使用するために角膜への負担が高く、そのためドライアイの発生率がイントラレーシックで手術を行なった場合よりも上回ります。
従来のレーシックで使用されるマイクロケラトームではフラップを形成するのに金属刃が用いられるために、フラップの切開面が不均一となりがちです。
フラップの切開面が不均一である場合、エキシマレーザーの照射が均等に行なわれにくくなり、不正乱視の原因にもなります。
以上のような理由から、一般的にイントラレーシックのほうが安全だともいわれてようです。

 

CmsAgentTemplate0049-0052 ver1.0