レーシック 失敗?レーシック100の疑問 まるごと解決

イントラレーシックとレーシックは何が違うのですか?

通常のレーシックではマイクロケラトームを使用しますが、これは金属刃を用いるために、フラップの断面にスムーズさが微妙に欠けることがあります。
またヒンジと呼ばれているフラップのつなぎ目が斜めになるというマイナス面があります。
ヒンジが斜めになることによって、まれにフラップにしわが寄ることがあるからです。
イントラレーシックではレーザーを用いてフラップを形成するために、より精密な結果が得られるのです。
また、コンピューター制御でフラップ形成が行なわれるために、フラップの厚みや大きさなどを個人に合わせて、より細かく設定できるようになっています。

 

CmsAgentTemplate0049-0052 ver1.0