レーシック 失敗?レーシック100の疑問 まるごと解決

This page:レーシック 失敗?レーシック100の疑問 まるごと解決TOP > 様々なレーシック手術方法の違いに関する質問

様々なレーシック手術方法の違いに関する質問

 

イントラレーシックとはどんな治療方法でしょうか?

イントラレーシックとはイントラレーザーを使用してフラップを形成する手術方法です。
イントラレーザーはコンピューター制御によってフラップ形成を行ないますので、従来のレーシックに比べると、より安全で精密にフラップが形成できるようになりました。

ウェーブフロントレーシックとはどんな治療方法でしょうか?

ウェーブフロントレーシックとは、イントラレーシック同様にレーシックの一種類です。
角膜の微妙なピントのずれをウェーブフロントアナライザーという機器で測定、解析し、その結果に即して角膜にレーザーが照射されます。
従来のレーシックに比べると、より正確で高い矯正効果が得られます。
また、従来のレーシックでは治療が困難な患者でもウェーブフロントレーシックであれば治療が行なえる場合もあります。

エピレーシックとはどんな治療方法でしょうか?

エピレーシックは、角膜にレーザーを照射し、屈折率を調整する視力矯正手術の一種です。
通常のレーシックよりもフラップを薄く形成できるために、角膜の薄い方や強度近視の方にも適応でるのがエピレーシックの特徴です。
格闘技やアメリカンフットボール、ラグビーといった激しいスポーツをする方に適した手術方法です。

PRK(角膜表層切除術とはどんな治療方法でしょうか?

PRKはレーザー屈折矯正角膜表層切開術であり、レーシック同様にエキシマレーザーを用いての視力矯正手術です。
手術の方法は、最初に角膜上皮を除去します。つぎに角膜中央部にレーザーを照射し、角膜の屈折率を調整します。
手術後は、除去した角膜上皮が再生するまで専用のコンタクトレンズを入れることになります。

従来のレーシックと新しいレーシックとでは見え方が大きく違ってくるのですか?

より性能の高い機器類のおかげで、従来のレーシックよりも術後の見え方の質は改善され、平均視力も大きく上がりました。

イントラレーシックとレーシックは何が違うのですか?

通常のレーシックではマイクロケラトームを使用しますが、これは金属刃を用いるために、フラップの断面にスムーズさが微妙に欠けることがあります。
またヒンジと呼ばれているフラップのつなぎ目が斜めになるというマイナス面があります。
ヒンジが斜めになることによって、まれにフラップにしわが寄ることがあるからです。
イントラレーシックではレーザーを用いてフラップを形成するために、より精密な結果が得られるのです。
また、コンピューター制御でフラップ形成が行なわれるために、フラップの厚みや大きさなどを個人に合わせて、より細かく設定できるようになっています。

イントラレーシックとレーシックどちらが安全なのですか?

イントラレーシックはコンピューターによって制御されたレーザーを使用するので、フラップの厚さは均一かつ滑らかになります。そのため術後にフラップのズレやシワが生じにくく、フラップそのものの強度もあります。
イントラレーシックは手術時に角膜への負担が少ないために、術後の回復も従来のレーシックに比べると早いことが特徴です。従来のレーシックは金属刃を使用するために角膜への負担が高く、そのためドライアイの発生率がイントラレーシックで手術を行なった場合よりも上回ります。
従来のレーシックで使用されるマイクロケラトームではフラップを形成するのに金属刃が用いられるために、フラップの切開面が不均一となりがちです。
フラップの切開面が不均一である場合、エキシマレーザーの照射が均等に行なわれにくくなり、不正乱視の原因にもなります。
以上のような理由から、一般的にイントラレーシックのほうが安全だともいわれてようです。

イントラレーシックはレーシック比べ、術後の視力回復率には違いがありますか?

イントラレーザーによる角膜の切開により、従来のレーシックに比べると、近視矯正手術の質は大きく向上しました。
イントラレーシックではより均一で滑らかなフラップが形成されることで、術後の視力回復率も従来のレーシックよりも上回っています。
また、イントラレーザーの使用により、強度近視患者の回復率も向上し、さらに最強度近視の治療も可能となりました。レーシックでは最強度近視の治療はできません。

イントラレーシックはレーシックと比べ、術後の時間経過と視力の推移には違いがありますか?

イントラレーシックの場合、手術後すぐに高い効果が現われることが知られています。
ある院の調べによると、翌日には9割以上の方が1.0以上の視力にまで回復しています。
レーシックであれば、1.0以上の視力回復を果たした方は8割にとどまっています。

イントラレーシックはレーシックより再手術の確率は低いのでしょうか?

イントラレーシックはレーシックより再手術の確率は低いといえます。
その理由はイントラレーザーの使用によって、より精巧なフラップを形成することができるようになったからです。
もちろんそれだけではなく、優秀で経験豊かな眼科専門医とよく訓練されたスタッフが増えたことにも再手術が減少した理由を求められます。

レーシックとPRKはどちらがよいのでしょうか?

レーシック手術は目が小さい場合、受けられないこともありますが、PRKにはそういった制限はありません。
目の形も、レーシックであれば奥目は適応外であったりしますが、PRKであればたとえ奥目であったとしても手術を受けることができます。
レーシックはフラップを形成するために、角膜にある程度の厚みが必要だが、PRKは角膜の上皮をはがすので、そういった厚みを考慮する必要はありません。
術後の痛みに関していえば、レーシックは直後に異物感がある程度だが、PRKは痛みが数日間続くことになります。
術後の視力の出方も、レーシックは直後からよく見えるのに対して、PRKは視力が安定するまでに数週間ほどかかります。
また、強度近視の場合、PRKのほうがレーシックに比べて近視が戻りやすくなっています。
角膜の濁りも、PRKのほうがレーシックに比べて出やすいようです。

エピレーシックなど、治療方法を選べますか?

そのクリニックでどういった手術ができるのかも関係してきます。
いくつかの選択肢があるようであれば、手術方法は選ぶことができるでしょう。
ただし、適応検査の結果によって、本当にその手術方法が適切なのか、医者と充分に相談をする必要はあるでしょう。

このカテゴリーをはてなブックマークする このカテゴリーをクリップ! del.icio.usに追加 Buzzurlにブックマーク Yahoo!ブックマークに登録 edit

 

CmsAgentTemplate0049-0052 ver1.0