レーシック 失敗?レーシック100の疑問 まるごと解決

This page:レーシック 失敗?レーシック100の疑問 まるごと解決TOP > レーシック手術中に関する質問

レーシック手術中に関する質問

 

レーシック手術の時間はどの位でしょうか?

眼の洗浄から消毒、そして点眼麻酔をすることで準備が整います。
つぎに本照射のための位置合わせと眼圧を確認する目的でレーザーが照射されます(約10秒)。
この後、角膜の表面が削られ、フラップが形成されます(これも約10秒)。
形成されたフラップはめくられ、ここから治療のための本照射が行なわれます。
この本照射は患者の状態(近視、遠視、乱視の程度)によって異なりますが、約20秒ほどで済みます。
本照射後フラップは元に戻され、ふたたび眼の洗浄が行なわれます。フラップの余分な水分が抜かれ、フラップ全体は乾燥させられます。抗生剤と抗炎剤が点眼され、これで手術が終了します。
両目の場合、この行程が2回くりかえされ、所要時間は10~15分程度です。

レーシック手術中にまばたきや、目が動いても大丈夫でしょうか?

手術中は目を大きく広げ、まばたきを防ぐための機器を使用しますので、まばたきをすることはできません。
また、最新の機器には瞳孔追尾機能がついていますので、目が多少動いたとしてもなんの問題もありません。
目が動くことによるレーザー照射のずれは瞬時に修正されるのです。
また、レーザーが中心を外れると照射が自動的に中断するようになっていますので、患者は安心して手術を受けることができます。

麻酔は注射でしょうか?

麻酔は注射ではなく、点眼麻酔と呼ばれる目薬タイプの麻酔となります。
麻酔は10分程度で効き、レーシック手術を受ける直前に、間隔を開けて数回ほど目に差すことになります。
この点眼麻酔のために、手術中に痛みを感じることはありません。

このカテゴリーをはてなブックマークする このカテゴリーをクリップ! del.icio.usに追加 Buzzurlにブックマーク Yahoo!ブックマークに登録 edit

 

CmsAgentTemplate0049-0052 ver1.0