レーシック 失敗?レーシック100の疑問 まるごと解決

This page:レーシック 失敗?レーシック100の疑問 まるごと解決TOP > レーシック手術費用に関する質問

レーシック手術費用に関する質問

 

レーシックの費用・料金はどの位でしょうか?

レーシックの費用にはクリニックによってばらつきがありますので、事前に調べて比較をするとよいでしょう。
レーシックのみの料金でいえば、安いところで15万円前後、高いところで50万円ほどかかります。
これに加えてクリニックによっては手術前および術後の検査料がかかるところもあり、その他もろもろを含めると、両目のレーシック手術をするのに安くて20万円前後、高くて75万円かかるというほどの料金差が出てきます。

レーシックに保険は使えますか?

レーシックは社会保険の対象外となります。
しかし、レーシックが生命保険や医療保険で手術給付金の対象となっている保険もありますので、事前に保険会社に問い合わせてみるとよいでしょう。

レーシックは健康保険がききますか?

レーシックの手術は病気の治療ではないために、健康保険の適応外になります。
したがって手術等にかかる費用は全額自己負担となります。
ただし、医療給付金を受けられる民間の保険会社もありますので、事前に調べてみるとよいでしょう。

レーシックに生命保険の医療給付は受けられますか?

レーシックを手術給付金の対象としている生命保険は多くあります。
保険にもよりますが、3~10万円程度の手術給付金が支払われるでしょう。
保険会社へ手術給付金を請求する際には診断書を準備する必要があります。保険会社によって専用の診断書フォームを用意しているところもあります。
専用フォームがなく、診断書をクリニックに作成してもらう場合、クリニックによって有料であったり無料であったりするので、クリニックのほうで確認されるとよろしいでしょう。
準備された診断書を保険会社へ送付することによって、給付金申請のための手続きが開始されます。

レーシックの手術費用は医療費控除の対象になりますか?

自分自身や家族のために支払った医療費が年間で一定金額を超えた場合、医療費控除を受けることができます。
レーシックの手術費用はその対象になりえますが、より詳しく知るためには最寄の税務署にお尋ねするとよいでしょう。
医療費控除を受けるには、医療費控除に関する事項を記載した確定申告書を税務署に提出する必要がありますが、その際に医療費の支出を証明する書類(検査や手術の領収証など)を確定申告書に添付するか、提示することになります。
したがって、領収証などは捨てずに大切に保管しておく必要があるでしょう。

レーシックに学割制度はありますか?

クリニックによっては学生割引制度を設けているところもあります。その場合、本人が学生であることを示すために写真入りの学生証を提示することになります。
他に遠方割引や家族割引、紹介割引、グループ割引などの制度を実施しているクリニックもありますので、あらかじめ調べてみるとよいでしょう。

クリニックによって費用の差がありますが、何か違いがあるのでしょうか?

レーシック手術は病気の治療ではないために、保険が認められておりません。
保険が利かないものは「自由診療」と呼ばれ、レーシックもそのうちに含まれます。
自由診療の場合、各クリニックで料金を自由に設定することができ、同じ手術であってもクリニックによって費用の違いが生じるのはそのためです。

手術料金のほかに、必要な費用はありますか?

手術料金のほかに必要な費用は各クリニックによって異なりますので、電話や電子メール、インターネット等で事前に調べてみるといいでしょう。
手術前後の検査料金がすべて無料のところもあれば、術前は費用がかかるが、術後は無料のところもあります。あるいは手術前後ともに検査料金のかかるところもあります。
イントラレーザーやウェーブフロントを希望された場合に別途料金がかかることもあり、なかにはある金額を支払うことにより院長を指名できるクリニックもあります。

乱視等の複雑な状況の場合は、別途費用がかかることはありますか?

乱視や遠視等の複雑な治療でも、別途に費用がかかることはありません。

再手術など保障制度はありますか?

手術を受けたにも関わらず、期待していたほどに視力が回復しなかったり、近視の戻りがあった際に再手術を受けられるクリニックはありますが、保障制度は各クリニックによって異なるようです。
1年以内であれば再手術は無料に行なうところもあれば、保障期間が3年のクリニックもあります。また、クリニックによっては生涯、無料の再手術を保障するようなところもありますので、事前によく調べられることが大事であるといえましょう。

レーシックの費用は高すぎるように思いますが、妥当な金額なのでしょうか?

レーシックは健康保険の適応外にあるために、どうしても費用が高くなってしまいます。
また、使用される機器類も高額な物ばかりで、それが費用に反映されている部分もあります。
とはいえ、考慮すべきは手術を受けることによって得られるメリットでありましょう。
メガネやコンタクトレンズには維持費がかかり、そのメンテナンスにも手間がかかります。メガネやコンタクトレンズは割ったり失ったりする恐れがありますが、レーシックはそういった問題も一気に解決してくれます。
メガネは頭痛や肩こりの原因になり、コンタクトレンズの間違った使用方法は眼障害や失明にもつながります。
メガネやコンタクトレンズから解放されることにより、激しく体を動かす運動も可能となり、こういったあらゆるを考慮して、手術の費用が高いかどうかを考える必要があるでしょう。

支払い方法はどんなものがありますか?

クリニックによって若干の違いはありますが、一括払い(当日の現金払いやデビットカードによる即時決済)、月々の分割払い、クレジットカードによる支払いなどがあります。
なかには金利がゼロ%でローンを実施しているクリニックもありますので、各クリニックに問い合わせてみるのもいいでしょう。

このカテゴリーをはてなブックマークする このカテゴリーをクリップ! del.icio.usに追加 Buzzurlにブックマーク Yahoo!ブックマークに登録 edit

 

CmsAgentTemplate0049-0052 ver1.0